Case Study解決事例

解決事例

事例730

交通事故示談★熊本県内・30代男性・後遺障害等級併合14級につき、約400万円の損害額認定を得て示談解決NEW

2020/02/12

  • 頚部
  • 14級
被害者:30代男性、熊本県内在住
交通事故の態様:熊本県内における追突事故(車vs車)
傷病名:外傷性頚部症候群、腰椎椎間板ヘルニアほか(むち打ち症)
後遺障害等級:併合14級(14級9号「局部に神経症状を残すもの」×2部位)
 
 
《弁護士依頼の経緯》
交通事故に遭われた直後に、熊本で交通事故に詳しい弁護士をインターネット検索され、いなば法律事務所に法律相談を頂きました。
2回目の法律相談で、弁護士依頼を頂きました。
 
 
《弁護士の活動①~治療中のサポート》
病院への治療中のご依頼でしたので、治療にあたっても、弁護士にてアドバイスをさせて頂きました。
治療終了時期についても、保険会社とのやり取りは、弁護士にて対応させて頂きました。
保険会社が治療終了を言ってきてから、「約2か月、治療期間の延長」ができました。
 
 
《弁護士の活動②~後遺障害等級併合14級の認定取得》
治療終了時期を見計らい、主治医に後遺障害診断書を作成して頂きました。
その上で、後遺障害の等級認定を申請しました。
 
申請の結果、
・頚部痛、肩痛、頭痛などの頚部由来の症状について、後遺障害等級14級9号「局部に神経症状を残すもの」
・腰痛や下肢の痺れといった腰部由来の症状について、後遺障害等級14級9号「局部に神経症状を残すもの」
の認定を得ることができました。
2部位あわせて、「併合14級の後遺障害等級」となります。
 
 
《弁護士の活動③~示談交渉→最終解決》
認定を得た、後遺障害等級併合14級を前提に、弁護士にて、保険会社との間で、示談金の交渉を行いました。
 
弁護士交渉の結果、
・傷害慰謝料(通院慰謝料):約110万円
・後遺障害慰謝料:約110万円
・後遺障害逸失利益:約85万円
ほか、合計約400万円の損害額認定を得て、示談解決となりました。
 
既に、保険会社が支払い済みの金額を除く、新規回収額は約305万円となります。
 
 
《弁護士費用のご本人様負担のない解決》
弁護士費用特約が適用される交通事故でした。
特約から、弁護士費用の全額をまかなう形で、ご本人様の費用負担なく、交通事故の解決ができました。
 

前のページへ

交通事故被害は無料相談のご予約を!

相談料・着手料0円

弁護士による示談書無料診断も行っています!

  • 096-342-7707 平日9:00~19:00/土曜12:00~17:30096-342-7707 平日9:00~19:00/土曜12:00~17:30
  • メールでのお問い合わせ 24時間受付中!メールでのお問い合わせ 24時間受付中!

弁護士費用特約がある場合は
特約保険会社に相談料を請求させていただきます。

ページトップヘ